« タイ支部長迎撃特別練習会 ステージ5&6 | トップページ | チャリ通 »

2010年4月18日 (日)

回復走で粟ヶ岳

今日は、自転車日和と思いきや、朝は寒くて早めの出発は諦め、8:30頃まったり出動。バイクは、昨日のままの練習車。いつものコースで『粟ヶ岳』を目指す。回復走なのでインナーで回しながら30km/hキープ。栄川中あたりでクラブのIZ仙人と出会った。『粟ヶ岳』の帰りとのころ、既に3~4人くらい登っていたとのこと。バイク情報からswimbikeさんも居た様子だが.....仙人と別れて、『東山いっぷく処』に向かう。

少し休んでからスタートし、残り4km看板を過ぎたところで、下って来たH田くんと出会い、止まって少し話をした。Newバイクでアタックしたが、思ったほどタイムが縮まらなかったとのこと。それでも21分台に入った様子なので、バイクに慣れてくれば今後が楽しみなところ。H田くんと別れて再スタート、2~3回クリート嵌めるのを失敗して、一応ストップウオッチを止めておいたので計測も再開し(+10秒くらい)地蔵コーナーを目指す。2分45秒で地蔵コーナー通過、麗水前5分13秒、貯水コーナー7分30秒、残り2km看板8分30秒、残り1km看板はお茶作業の車から伸びるホースが気になりタイムチェックせず通過、森のヘアピン12分30秒、山火事コーナー14分29秒、駐車場から先は39×24Tで回しきってゴール。

インナーを干して、汗を拭いていたら登山の方に声を掛けられ、自転車のことについて色々質問を受けた。私は歩いて登り下りする方が体への負荷が高いと思うが、登山している人から見ると自転車の方が大変そうに見えるらしい。確かに速く走ろうとすると辛いが、軽いギヤでゆっくり漕げばそんなに辛くは無いし、膝への負担も少ないのだけど....
店内に入り、コーヒーとクッキーで一服していると、自転車が数台登って来た。その中に須藤さんの姿もあり、クールダウンの後、店内に入ってこられた。なんとなく時間が合わず、出会ったのは2ヶ月ぶりくらい。お店のおかあさんに、「昨日『秋葉上社』に行ったでしょう」って、私はアンテナ高いから誰が何処で何やってるか情報が入ってくるんだよ!って笑いながら話していた。常連さん4人とお店のご主人やおかあさん達と、しばし楽しい話で盛り上がった。
Pa0_0103
写真を撮って、下山に入る。駐車場横でなるさんとすれ違い、頑張ってって声を掛けて下る。さすがに半袖ジャージにアームウォーマでは少し寒い感じ、途中で須藤さんの前に出るが、結局車に頭を抑えられて下りきる。『東山いっぷく処』で須藤さんと別れて、JAの坂に向かう。前を茶農家のトラックが走っていたのでゆっくり後ろについて激坂に入る。トラックは水タンクを載せているのでシフトダウンして苦しそうに登って行く。私のほうがペースが速かったので、空けてくれた左側から追い抜いてS字コーナーに入り24Tに落として登り切った。あとはいつも通りのコースで帰宅。途中、クラブの実業団ER登録のH部くんとすれ違った。来週の東日本と群馬に向けて、タイ支部長迎撃のステージ1コースで練習をしているようだった。

今日の結果
走行距離:61.81km
粟ヶ岳:16分02秒2(途中3分くらい休憩で+10秒回復タイム加算)
(4.21km、Ave.15.7km/h、Max.21.5km/h)
ANCHOR RA5
シマノR535(12-27T/27Tは封印)
コンチネンタル ウルトラスポーツ23C(空気圧は昨日のまま120psiくらい)

|

« タイ支部長迎撃特別練習会 ステージ5&6 | トップページ | チャリ通 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ支部長迎撃特別練習会 ステージ5&6 | トップページ | チャリ通 »