« 周智・くまの親子往復 | トップページ | 粟ヶ岳 連投! »

2010年5月 2日 (日)

チューンナップ本番車で粟ヶ岳

炊事と洗濯1回を済ませ、帰宅時に2回目が洗い終わるようにタイマーセットして出発。
お供は当然、Brg.のグリスチューンナップが完了した本番車。
ペダルとBBの効果は直ぐに分かった。走り出しの軽さが段違い。違うBBに付け替えた感じ。ダンシングしても、もがいてもBB周りから軋むような音は出なくなっていた。潤滑剤一つでこうも変わるものかって感心した。EASTONのホイールは元々良く回るので登りでは効果良く分からなかったが、下りでのスピードの乗りというか伸びが明らかに違っていた。この感じに慣れちゃうとヤバイかも?
しかし、BB周りの回転のスムーズさと軋み音が出なくなるのは気持ちいいので、練習車の方もBBだけチューンして貰おうかと考えている。

で、本題の『粟ヶ岳』だが、『東山いっぷく処』で少し休憩して、カロリーメイト1本補給。UVアームカバーとサングラスを外して準備OK!いつものように看板横からTTスタート!

39-19Tでスタートし、ダンシングでペースアップ。いきなり20km/hを軽く超え、24という数字が見えたところで少し自重。左直角コーナーを抜け、ハイキングコースとの交点を過ぎたところで21Tに落としてシッティング。(ここら辺の走りをswimbikeさんに目撃されていた様子)残り4km看板:53秒とスタートダッシュの割りに先日と変わらないタイムで通過。地蔵コーナーへ向かう途中で、2本目を終えて下ってくるswimbikeさんとすれ違う。挨拶だけして地蔵コーナーを目指す。インベタダンシングで地蔵コーナー:2分23秒。
残り3.5km看板辺りの向かい風にやられつつ、一番嫌いな竹薮コーナー手前の微妙な勾配区間を23Tで抜け、竹薮コーナー立上がりで対向車が現れ、左ギリギリを大回りで通過。平坦区間で21Tまで戻して、ミラーを確認して右コーナーのコンクリート部を大ショートカットし、麗水前:4分52秒思った以上に遅れていた。貯水コーナーまでに挽回しようと23Tでクルクル回し、林に入ったところで無理せず25Tを使う。勾配が緩んだところで23Tに戻してダンシングでインカットし、貯水コーナー6分37秒。かなり戻せたが足にきている感大!
給水しながらペースアップしようと思うが、イマイチペースが上がらず、残り2km看板:7分53秒。15分切りは危ないがまだベスト更新ペース。林に入り21Tで加速すると、後方から排気音がして振り返るとBigスクーターが登って来ていた。富士山展望コーナー手前で左に避け前に出て貰い、コンクリート路面との格闘が始まる。今日は、130psiまで上げて来たので、前乗り気味になると後輪が結構跳ねて前に進まないので、ポジションに気を使いながら走る。新しく工事された側溝の蓋付近を走り、残り1km看板:11分05秒、森のヘアピン11分37秒と自己ベスト同等のペース。
茶の字の横棒ストレートでは、25Tで回復させながらペースを維持し、山火事コーナー:13分36秒。頑張れば、初の14分台が見えかけたが、21Tダンシングでペースアップするも東向きのストレートの半分までしかもたず、23Tに落とし一旦シッティング。駐車場横から再びダンシングするが、最終右コーナー手前で失速。25Tのシッティングでインカットし、試練の坂に入る手前で54秒の表示。最後は気力のダンシングでゴール。なんとか自己ベスト更新!
Pa0_0126
クールダウンして、外のベンチで休憩していたら、swimbikeさんが3本目を登って来た。売店のおかあさんが、外までお茶を運んできてくれて、お茶を飲みながら自転車談義。汗が引いてから、お店に入りコーヒーで更に一服。自転車の神様の須藤さんや常連のS坂さんも登って来られた。もっとゆっくりしたかったが、嫁さんの面会もあり、下山の準備をして、swimbikeさん達より一足先に下りに入る。JAの坂はパスして、日坂までTTペース、いつものように農免道路から81号経由で帰宅。
タイマーしていた2回目の洗濯も終わっており、帰宅後すぐさま洗濯物干しとなった。

今日の結果
走行距離:61.61km
(Ave.28.7km/h、Max.51.0km/h)
粟ヶ岳:15分06秒6<自己ベスト更新>
(4.22km、Ave.16.7km/h、Max.24.1km/h)
ANCHOR RHM9(wide openチューン)
EASTON EC90SLX(12-25T)
ビットリア コルサEVO CX II 21C(130psi)

|

« 周智・くまの親子往復 | トップページ | 粟ヶ岳 連投! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周智・くまの親子往復 | トップページ | 粟ヶ岳 連投! »